事例

最近読んだ本

矢野です。      
         
今年はオリンピックイヤー    
ということはアメリカ大統領選挙の年。  
         
というわけで、今回紹介するのは    
『アメリカ50州を読む地図』    
浅井信雄著 新潮文庫    
         
その序文で浅井氏は      
…「摩天楼のニューヨーク」とか「陽気な米国人」
「保守的な中西部」「人種差別の南部」  
というような単純でステレオタイプ的評価について
         
ニューヨークにも低層の建築物があるし  
陰気な米国人にもどれだけ出会ったことか…  
中西部や南部にもさまざまな風土と多様性が  
あり、上記のような単純な評価は    
「フジヤマ、ゲイシャガールの日本」  
ソニーとパナソニックだらけの日本  
初音ミクときゃりーぱみゅぱみゅが支配する日本
(上の二つは矢野の個人的な意見です)  
というのと同じで、相手に失礼だろう。  
多彩な米国人がいつから多彩な芸術・文化も生まれる
のだから、もっとアメリカを正当に評価するべきだ。
         
という主旨を述べています。    
         
衰えたとはいえ、依然としてアメリカが  
世界の政治・経済に大きな影響力を  
持ち続けているのは      
人種、価値観、人生観が多様であり  
人々の考えや暮らしが多様性に    
満ちている、ダイナミックな国である  
からだと思います。      
各州が連邦に従属しているのではなく  
それぞれの個性を活かして    
共同体を作っているのです。    
         
日本ももっと多様性のある社会を    
作っていかなければと感じました。