事例

流れ棚とその材料

こんにちは、大石です。今回は流れ棚の紹介をしようと思います。

当社の工場には、製作中の製品である仕掛品を置いたり、

完成品の在庫を置いたりしている流れ棚というものがあります。

この流れ棚によって、製作中の製品の量や納期が把握しやすくなったり、

棚にすることで、工場内のスペースが有効利用できたりします。

こちらが流れ棚の写真です。
DSCF7987

この流れ棚なのですが、実はこういったものから出来ています。
DSCF7981

長穴が開いているL字のアングルです。

このアングルから、社員が全て自らの手で作っています。

そして、このアングルからは流れ棚だけでなく色々なものが作られ、

工場内で活躍しています。

そのいくつかを紹介したいと思います。

DSCF7983DSCF7989DSCF7990DSCF7982

これら全て社員の手作りです。すごいですね!

これからもアングルは色々な場面で活躍してくれそうです!