会長ブログ

京セラフィロソフィ45,46

京セラフィロソフィ45「開拓者であれ」
 父からプレスの仕事を引き継ぎましたが、父は本職の傍らでプレスをやっていたので、ほとんど独力でプレスの仕事を覚えました。金型も必要に迫られて、機械がほとんどない中、見様見まねで作りました。プレスの先行きが怪しくなり、板金に参入しましたが、全く板金の技術はなく、本当に手探りで進んできました。
 しかし開拓と言えるものではなく、他にお手本が有りそれを参考に進んできただけです。世の中にないことや人のやらないことに、本能的に恐怖を感じていました。お金や資源の無い中で、成功するかどうかわからないものは、博打のようなものだから、やってはいけないと思っていたのです。
 長年の失敗を恐れ安全策優先のやり方が、現在の特徴がなくこれといった強みのない会社にしてしまいました。失敗をするから良くない個所が分かり、進歩させることが出来ます。安全ばかり優先すると、危険な個所が見えず、無駄が多くなってしまいます。
 全くやったことのないことを、いきなりやるのは無謀です。初めは身の回りの事から少しずつ、人がやらないやり方に変えて行くべきです。運搬台車や金型棚をまったく斬新なデザインにするようなことから始めて行けばよいと思います。
失敗の方が多いかもしれませんが、失敗することで何が悪かったのか分かります。小さなことから始めて、全員が新しいことや、誰もやったことのないことに、喜んで挑戦するような、そんな社風にしていきたいと思います。

京セラフィロソフィ46「もうダメだという時が仕事のはじまり」
 コンサルタント会社に開発候補を選定してもらい、4・5名でチームをつくって、商品開発に取り組んだことが有りました。1年ほど取り組んだのですが、開発はうまく行かず、そのうちにリーマンショックが始まって、あっさりと断念してしまったことが有ります。
 相当のお金を掛けたのですが、続けられなかったのは、思い入れが小さかったからです。開発商品の選定が人任せで、そこにどうしてもこれを成功させよう、という強い思いが有りませんでした。また進めるにあたって、類似品の調査や関係業界の方の意見聴取などの不充分でした。また私が設計メンバーに入っていたため、設計に充分な時間を掛けることが出来ませんでした。
 このことから学んだのは、何かを始めるならきちんと準備をして、何のためにやるのかを明確にすることです。売上を上げたい、もっと儲けたいといったいい加減な目的なら、何かあったらすぐにあきらめてしまいます。何が何でもやり遂げたいと思えば、少々のことではあきらめたりはしません。
 今のところ決まっていませんが、今後何かやるべき時が来ると思います。その時は何が有っても絶対にあきらめない、そんな強い思いで取り組みたいと思っています。

京セラフィロソフィ43,44

京セラフィロソフィ43「人間の無限の可能性に挑戦する」
 これくらい頑張ったからもういいだろうと、ついつい自分にブレーキを掛けてしまいます。あんまり頑張りすぎると、体を壊してしまうからといい訳をしてしまいます。もちろんやり過ぎるのはいけませんが、壊してもいないのに、壊れることばかり恐れていては、何もできなくなってしまいます。
もし体に不調が出れば、その時点でやり方を見直して、不調が出ないやり方にすればよい訳です。このような歳になったので、そのような意味でやりにくくなったのは事実ですが、自分を大事にするあまり可能性に挑戦しなくなったら、成長は有りません。
経営資源も経営知識もない中で、なんとかここまで来れたのは今思うと本当に驚きです。外部環境が良かったのと、多くの人に助けてもらったおかげですが、多くの体験をしながら、仕事の内容を少しずつ進歩させることが出来たからだと思います。
かつては自分が中心となって進んできましたが、今では多くの若い方の意見を中心に進む会社になってきました。やはり若い方は無限の可能性にあふれています。改善提案を募集すると、思いもかけないような提案が出てくることが有ります。ソフトの部門で顕著です。若い方の無限の可能性をうまく引き出すことが出来れば、間違いなくわが社も発展成長することが出来ます。そして我々のようなベテランが、これまでの知識と経験を活かして、若手と上手くマッチングできれば最高です。
まだまだ若手との間には垣根が有りますが、上手く取り払いお互いに良い信頼関係をつくって、我社の無限の可能性に挑戦したいと思います。

京セラフィロソフィ44「チャレンジ精神を持つ」
やれば必ずできることはチャレンジとは言いません。出来るかどうかわからないからチャレンジなのです。出来ない可能性が高いほど、やりがいのある大きなチャレンジになります。出来る可能性が60%あれば、ほとんどの人はやるでしょう。30%だと考えてしまします。10%だとまずやりません。
財務的な裏付けも必要でしょう。もしこのチャレンジに失敗すると、会社はつぶれてしまうのなら、おいそれとチャレンジはできません。大きなチャレンジほど大きな資金が必要ですから、普段からチャレンジに備えて蓄えておかねばなりません。
一番大切なのは意欲です。失敗してもしょうがないと思っているくらいなら、まずそのチャレンジは失敗すると思います。成功の可能性が10%でも、このチャレンジジをしなければ自分の人生はないと思うくらいならやるべきだと思います。またそれくらいの意気込みが有れば、周りの人も応援してくれるし、天も味方すると思います。
わが社がこれから生き残るだけでも、相当なチャレンジ精神が必要だと思います。ましてすべての従業員にこの会社は素晴らしいといってもらえるには、とてつもないチャレンジをやらねばなりません。そのような覚悟を持ちたいと思います。

京セラフィロソフィ41,42

京セラフィロソフィ41「公私のけじめを大切にする」
 社長を退任したので今はそうでもありませんが、以前は公私のけじめがなく、どっぷりと仕事に浸かっていました。途中で食事は取っていますが、平日は朝7時から夜10時まで仕事、早く目が覚めたので4時から仕事をしていたこともありました。正月の休みでも会社に行かない日は有りません。職住一体でしたから仕方がないのかもしれません。
 毎日仕事に追われていましたから、子供たちの入学式や運動会、卒業式に行ったことが有りません。でもどれだけ頑張っても残業やボーナスは付きません。連帯保証人になっていますから、お金が返せなかったら、住む家がなくなるといつも思っていました。
 この会社は自分のものだという意識が強かったのですが、いろいろな勉強をするうちに会社はみんなのものだと気づくことが出来ました。息子を後継者にするのは最大の公私混同だと思い、みんなの前で息子を次期社長にはしないと宣言しました。
決算を公開しなければ社員さんの努力の結果が分からないので、公開するようにしましたが、役員報酬をみんなに知れられるのは怖いという戸惑いが有りました。いざとなればすべて会社につぎ込むからと、自分自身を納得させて公開に踏み切りました。
 社長を退任した今、残された仕事は株の処分です。会社に入っていないので息子や娘に渡すわけにはいきません。後継社長に買い取ってもらえるかといったら、それは簡単にはできないと思います。いずれにせよ行き先は社員しかいないので、これからどうやって渡して行くか、じっくりと考えて行きます。
仕事はほとんどしていませんが、毎日会社へ行っています。会社へ行くと楽しいのです。見て回るだけで楽しいですし、何かしらすることが有ります。多分元気なら死ぬまで会社へ行くでしょう。遺憾ながらいまだに公私のけじめが出来ていません。

京セラフィロソフィ42「潜在意識にまで透徹する強い持続した願望をもつ」
 氷山のように水面下の潜在意識は、水面上の顕在意識の10倍以上の大きさが有るのだと思います。だからほとんどすべての意志決定は、潜在意識が行っています。潜在意識にまで透徹した願望を持つということは、すべての意思決定はその願望にしたがって決定され、全身全霊でその願望に向かって進み、結果大きな成果をもたらすのです。
 私がこれまでに大きな成果を上げることが出来なかったのは、そのような強い願望を持たなかったためです。目標を建てても途中で寄り道したり、ちょっとこれくらいは良いだろうと休憩をしたりして、全身全霊で進むということは有りませんでした。
 その結果ごく普通の板金会社となり、強みや特色のない会社となってしまいました。社会に役立っていると実感できる会社、仕事にやりがいを持てる会社、素晴らしい仲間が集まり、一緒に働くことが楽しい会社にするためには、これからでも遅くはないので、潜在意識にまで透徹した強い願望を持って行きたいと思います。

京セラフィロソフィ39,40

京セラフィロソフィ39「有意注意で判断力を磨く」
 根がうっかり者で、よく忘れものをしてしまいます。電車でも乗り過ごしたことが何度もありました。特にお酒を飲むといけません。1時間以上かけて、歩いて帰ったこともあります。しかし商売はこれではいけませんね。お客様の動向を常に注意深く見ていく必要が有ります。
果たしてわが社に満足していただいているのだろうか?我社の対応にどこか不満はないだろうか?お客様は我社に何を求めているのだろうか?お客様はどの方向へ進もうとしているのだろうか?それらに対してわが社がとるべき対策は何だろうか?日頃のお客様とのやり取りで、敏感に感じ取らねばなりません。
世の中の動向を知ることも大切です。2008年のリーマンショックで我社は大きな打撃を受けました。現在も日本を取り巻く環境はリスクで満ちています。いち早く世の中の動向を知り、対処したいものです。数年前より日本経済新聞を取っていますが、北國新聞や読売新聞には掲載されていない情報があふれています。
社内の雰囲気をつかむことも大切だと思っています。社員さんの顔色や働く姿勢、雰囲気を敏感に感じ取りたいと思い、毎日数回社内を見て回っています。仕事はきつくないか?周りと上手くやっているだろうか?仕事が嫌になっていないだろうか?なかなか分かりませんが、少しでも感じ取れるようにしています。
身の回りのあらゆる現象を、心をこめて見つめ会社を正しい方法へ導けるよう、努力して行きたいと思います。

京セラフィロソフィ40「フェアプレイ精神を貫く」
以前は儲からないものだから、ずるをしてでも儲けたいと思ったことが有りました。新聞に載っている公共工事の談合も、受注を取るためなら仕方がないと考えていました。今思えば全く恥ずかしい話です。
正しくないやり方で儲けたとしても続かないし、いつかはそれで損失を出し、結果として必ずマイナスになってしまいます。正々堂々と仕事をするから、仕事に熱中することが出来て、各自の能力を発揮できるのです。後ろめたい思いがあれがば、仕事は楽しくないし、打ち込むことはできません。
最近勉強会で「儲けるのは悪だ」とある幹部が言いました。顧客をだまし市場より高く売って儲けるのは悪ですが、従業員の給与を上げ、必要な設備を購入し、不況に備えて内部留保するために儲けるのは正しい行為です。儲けるのが悪いと思えば、仕事に熱が入らなくなります。
社内では集団で仕事をしていますから、周りを羨んだりねたんだりすることがよくあります。これはある程度人間ならば仕方がないことでしょう。でもお釈迦様は貪ジン痴の三毒を厳しく戒めました。勉強を通して少しでも人間的に成長し、みんながフェアプレイ精神で働けるようになりたいと思います。

京セラフィロソフィ37,38

京セラフィロソフィ37「利他の心を判断基準にする」
 あるお客様は毎年価格改正を要求されます。昨年は3%、今年は5%といった具合に価格の低減を要求されるのです。お客様の理論では仕事に慣れて、効率が向上するはずだから価格を下げなさいということなのですが、我々にすればその価格でやっと利益を出しているので、下げられたらたまりません。
 一時期は7割以上の売り上げをその会社に頼っていましたが、徐々に減らすことができ今では2割以下になりました。しかし今になると、他社の売り上げを増やすことが出来たのは、そのお客様に厳しく鍛えられたお陰だと思います。そのお客様の要求を満たせる実力が有れば、どのお客様にも通用するのだと思いました。
 かつて儲けたいと思ったのは、自己の欲求を満足させたいという部分が多かったのですが、経営の勉強をするようになってから、みんなが喜んで働き社会に貢献できる立派な会社にするために、儲けが必要だと思えるようになってきました。
 儲けを良い会社にするための必要経費だと思えば、正々堂々と追求すべきです。従業員の平均給与を上げ、効率化のための設備投資を行い、不況に備えて自己資本を積み上げるには、それ相応の利益が必要です。自分だけの利益なら我慢できますが、従業員の生活がかかっていれば、頑張らねばなりません。
 自社の設備も、自社だけを考えれば我慢してもかまいませんが、老朽化した設備や旧式の設備では、お客様に対して良い仕事が出来ません。価格は下げねばなりませんが、限度以上に下げて自社が立ち行かなくなると、却ってお客様の役に立つことが出来なくなります。自分だけの狭い利己の考え方ではなく、従業員やお客様を含めて広くとらえ、みんながうまく行くように判断して行きたいと思います。

京セラフィロソフィ38「大胆さと細心さをあわせ持つ」
 小さいころから引っ込み思案で気が小さく、臆病ものでした。今も基本的には変わっていません。そんな私がこれまで良く経営をやってこられたと、いまさらながら感心しています。びくびく経営してきたけれど、それではどうにもならなくなって、ある時ズバッと大きな決断をしたことが有りました。大胆さはないけれど、考えても結論が出ないのである程度の考えで決断して、それがたまたまうまく行ったのだと思います。
 中小企業は資源が有りませんから、大胆な決断は早々出来ません。普段はこつこつと手堅くやって、チャンスが来たら決断すべきなのでしょう。そのチャンスをものにできるがどうかで、将来が決まってしまうのだと思います。
 弊社にはこれといった強みが有りません。将来大きく発展するのはとても困難です。むしろこのままではじり貧になるのは目に見えています。いつか自社を大きく変える決断をすべき時が来るかもしれません。そのようなチャンスを見つけられるように、地道に準備を進めて行きたいと思います。