製品案内

アルミ縞板 t3.0 溶接

DSCF7916[1] DSCF7913[1] DSCF7914[1]

軟鋼との金属特性の違いによる溶接時の問題点が次の通りです。

(1)加熱中、酸化しやすい
(2)母材の表面に酸化膜がある
(3)熱集中性が悪く、融点が低い
(4)溶け落ちし易い
(5)ひずみ易い
(6)ブローホールを生じやすい
(7)溶接割れ傾向が大きい

アルミニウムは、比強度が軟鋼の約2倍です。従って、強度設計で同じ強度の部品を得ようとする場合、アルミニウムを採用すると軟鋼系材料の部品にくらべ重量を半分近くまで軽量化することができる訳です。