製品案内

SUS t1.5 ファイバーレーザー複合機パンチ加工

今回はファイバーレーザー複合機を使ったパンチ加工+レーザー外周加工を紹介します。IMG_0778

(加工中のレーザー複合機)

 

この製品は中にある穴をパンチで加工したあとにレーザーで外周を切断するのですが、

従来のやり方ではパンチによる反りがひどく、そのままでは製品として使用できず、大きな修正が必要でした。IMG_0783

(反りによってレーザーと製品が擦れ、キズも付いています。)

 

しかし、パンチ加工をする際に、加工する順番を工夫することで、反りを減らすことができました。

IMG_0797

(左が改善前、右が改善後)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>