スタッフブログ

ベトナム人研修生

管理課の富です。

 

今月の中ごろより、ベトナムから研修生としてお二人の方が弊社で頑張ってくれています!

 

 

第1板金課のキエンさん
P1100230

 

 

 

 

 

 第3板金課のクオンさん

 P1100229

 

 

 

お二人ともすごく真面目に頑張ってもらっています。

 

 

来月からお二人に向けて日本語勉強会が社員交代制で始まりますが、とても楽しみです。
きちんと教えられるか少々不安もありますが・・・(^^;)

 

はやく仕事や生活に慣れて、この会社そして日本を好きになってもらえたらいいなーと思います!

 

バレル

どうも、マキタです。
ブログに書くネタを探していたところ、バレルが修理のため運び出されていたので紹介したいと思います。
いまうちの会社では、製品のバリを取るために振動バレルと回転バレルを使っているのですが、そのうちの振動バレルが壊れたため修理にだすことになりました。そのあいだバレルが使えないと非常に不便なので、代わりのバレルが来ました。
P1100226

P1100225

いままで使っていたバレルと種類は同じようですが、使い勝手が違うと思うので修理に出している間だけですが使いこなせるように工夫していきたいと思います。

時が経つのは早いですね

気が付けば、11月も後半戦です。
今年も残すところ1ヵ月ちょっと。
来月は、忘年会もあり、すごく楽しみです!!
かなり寒くなってきたので、体調には十分気をつけて毎日がんばっていきたいです!!

流れ棚とその材料

こんにちは、大石です。今回は流れ棚の紹介をしようと思います。

当社の工場には、製作中の製品である仕掛品を置いたり、

完成品の在庫を置いたりしている流れ棚というものがあります。

この流れ棚によって、製作中の製品の量や納期が把握しやすくなったり、

棚にすることで、工場内のスペースが有効利用できたりします。

こちらが流れ棚の写真です。
DSCF7987

この流れ棚なのですが、実はこういったものから出来ています。
DSCF7981

長穴が開いているL字のアングルです。

このアングルから、社員が全て自らの手で作っています。

そして、このアングルからは流れ棚だけでなく色々なものが作られ、

工場内で活躍しています。

そのいくつかを紹介したいと思います。

DSCF7983DSCF7989DSCF7990DSCF7982

これら全て社員の手作りです。すごいですね!

これからもアングルは色々な場面で活躍してくれそうです!

6000L

DSCF6849

 

 

 

 

 

フジイです

最近多能工で6000Lのオペレーターをしています。

板をレーザーで抜くだけではなく、その間にレーザーで出来たチョボ取り、製品の検査

、金型の用意などを一人でこなさなければいけないので、次何やるかをしっかり計立ててない

とパニックになります。少しでも早く慣れてスピーディーに作業をこなせるよう努力していきたい

です。