事例

正月に読んだ本

どうも、矢野です。        
みなさん、お正月はどうでしたか?    
わたしは読書三昧でした。      
           
その中から、いくつかご紹介。      
           
まずは邱永漢氏の
       
中国の旅、食もまた楽し 新潮社
     
           
氏は「食は広州に在り」の著者であり    
外国人初の直木賞受賞者です。      
また、高名な投資家、事業家でもありますが    
グルメでも知られています。      
そんな氏が、近年数度の中国訪問で    
中国全土を食べ歩きしています。      
中国の食に関しては、ここでは書きませんが    
印象に残ったのは、中国がすごい勢いで    
経済発展し、日本の中小企業も多数    
進出して実績を上げている事実です。    
ニュースでは知っていましたが      
中国の奥地まで、すさまじく近代化していて    
中国人のバイタリティーにはかなわんなあ~    
と、痛感しました。        
           
次に、井形慶子さんの        
イギリス人の格-「今日できること」からはじめる生き方  集英社文庫
           
英語のおかげ  中経文庫 
     
           
あてにしない生き方  中経文庫 
     
           
です。          
           
イギリスは今でこそ中流国になってしまいましたが  
彼らの生き方に学ぶべきことが      
たくさんあること、特にお金をかけずに    
人生と大自然を楽しむことにかけては    
天才的であり、お金をかければ良いと    
考えてきた日本人の余暇のあり方に    
大きな問題提起をしています。      
           
質素で質実剛健、実際主義的で      
形式などにこだわらず、仕事も      
遊びも楽しんでいるイギリス人に      
これからの日本は学ばねばなりません。