事例

雪が降ると・・・

どうも、矢野です。    
       
『雪が降ると思いだすのは  
46年前の冬。6才のぼく。  
       
金沢の下町、天神町界隈に  
暮らしていたわたしたち。  
       
師走の小雪が舞い散る夕暮れに  
姉と手をつないで浅野川ぞいを  
梅の橋、天神橋、橋場町を抜けて  
主計町から瓢箪町へ    
祖母の家まで歩く。    
       
年の瀬の買い出しを終えた人たちが
無言でわたしたちの横を  
足早に通り過ぎる。    
       
時折、強い北風が    
吹きつけると    
姉と立ち止まり    
抱き合って風をやり過ごす。  
       
また歩き始めると    
姉が歌いはじめる。    
ぼくも声をあわせた。    
はげましあいながら    
頬を真っ赤にして。    
       
祖母は、そんなぼくたちを見て  
涙ぐんでいた。』    
       
みなさん、良いお年を