事例

勉強会

こんにちは、嶋村です。

今日は朝の勉強会について書きたいと思います。
今日はビジネスにおけるユダヤ人の格言について学びました。

代表的な格言として、「金の鍵は全ての扉を開く」とありますが金の鍵=お金のことです。
つまり、お金さえあればさまざまな可能性が開かれる。平たく言えばお金さえあればなんでも出来るわけです。
素晴らしいですね!

こう書くと、ただ金にがめついだけじゃないかと思ってしまうかもしれませんがそうではないのです。
歴史上、多民族から常に迫害を受け続けてきた彼らにとってお金とは
自分の身を守るための道具であり未来を切り開くための武器だったわけです。

こういう考えに触れると、自分がいかにお金というものの本質を理解せず
無駄使いを繰り返しているか身につまされる思いです・・・。
たとえ10円単位の節約でもそれがこの会社や自分の未来のためになると信じて
改めてコストダウンについて考えてみようと思います。