事例

重い物には気をつけよう

こんにちは、第1板金の穴田です。

僕は1月までずっとパソコンを使ってプログラムを組むネスティングという仕事をしていたのですが、実際に機械を動かすことになりました。

今月で2ヶ月目になります。

パソコン作業よりも体を動かすことがとても多くなり、毎日手にマメができました。

特に最初は重い物の持ち方がわかっていなかったので指がちぎれそうになりました。

今では持ち方やいなし方のようなものが少しずつわかってきました。

第1板金の機械を動かすオペレーターは必ず大きな板を持たなければならないので必須の技術です。

コツは自分で編み出していくしかないことを痛感しました。

この職業は腰を痛める人が多いので、重い物の持ち方には本当に気をつけようと思っています。