事例

今回は150×700×t12のR曲げを載せました

 板が厚いのでレーザーでぬくと穴部が硬くなり、加工しづらいので、ボール盤で穴あけと皿もみをします。

裏にも少し皿もみします。

それからブレーキです。

初めの5回ほどはかなり慎重に押します。
そうしないとあとから取り返しがつかなくなります。

穴のある、ないとでは力のかかりが全く異なるので、穴付近もかなり慎重におします。

何度も絵合わせと押しを繰り返します。

R曲げのピッチは職人の感覚になります。

きれいなR曲げが仕上がりました。